« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

ミヤマキリシマの開花は1000m~1400mあたり

 連日、山小屋へガタゴトと通っています。

 くじゅう連山の山開きは6/6日、今年の山頂祭はタイセンザン(大船山)。おおふなやまではありません。

 口蹄疫の影響もあってか登山ルートの規制があります(牧野組合の管理地を通るルート)。竹田市の観光協会でご確認を!

玖珠町の万年山(はねやま)では同様の理由で山開きが中止されています。

ちょうどその日は消防団の新入団員・部長以上の訓練日、新前指導員として声を張り上げることになっています。 妻と息子は大船山へ行く予定。山頂祭のあとに配布されるペナントをゲットするもくろみのようです。 ちなみにその日、私が林道を登らないので全行程を歩くことになるのでちょっと不満なようです。(便乗できない・・)

 登山年齢はかなり高くなっています。 今日も仕事を終え、空き缶の入ったビニール袋を満載して下山中、二名を拾い・・、しばらく走るとまたこちらに向かって手を振る人が・・「グループの一人が下山中に足をくじいてしまった」とのことで、先ほどまで乗せていた人のほうが元気なので交代してもらって(降りてもらって)、登山口まで下ろしました。 

スカート・タイツ姿の登山女子も連日見かけますが、こうした熟年登山者がまだまだ「山」を支えているような気がします。

 あと二週間程度、山小屋へ・・。 加勢仕事は続きます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まだこれくらい

草丈40~50cmCa285619

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春?初夏??

 日中20℃を越し夜でも12℃。 ようやく「暖かい」と感じられる日が続き始めた。

 木々の枝先には薄緑色や黄緑色・赤っぽく見えるような新葉が展開し始めている。 石楠花も咲き、ハウスのそばの土手ではワラビが・・、タラの芽もちょっと大きくなっているが、今夜も天ぷらとして夕食に登場した。 除草剤の使用をやめてそのまま休耕しているハウスにはツクシ坊やがびっしりと並んでいるが、これはぜったいに口にする事はない。 

 この時期は相変わらず標高1330mの山小屋へ通っている。 登山道整備が一段落し、連休でやってくる登山者達のための仕事は多く、また多岐にわたる。 食材である地元の水辺から収穫してきたセリやクレソンの選別作業は農家ならでは・・というか、かすみそうの小枝を選別している時とおなじような感覚になる。 それらの一本一本を目を凝らしながら職業病かもしれないと思いながらの作業である。

スタイルの変化・きざし⇒登山女子 スカート姿という提案

 そういえば・・、農業への企業参入の動きが盛んで、我が家にも「畑・ハウスを貸して欲しい旨」の打診あった。 労働力(人数)がない時期が続いているので一瞬「いっそ全部貸しちゃおっかな~」と思ってみたりもしたが・・・、格安の提案でまったく気乗りしない。 「いっそ全部買ってくれたほうが」と思ってみたりしている。 こんな機会があったので考えてみたが、生産現場である耕作地の不動産価値は“ただ同然”のほうが農家経営的には優れているものだとつくづく思う。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »